過去日経平均の大陽日酸やコニカミノルタの仕手株

株式市場の株価は、その日や過去日経平均の動きと連動していることが多いです。
時々において、連動しないこともありますが、総じて連動しているといえます。
しかし、過去日経平均を見ていくと、その動きとかい離している株もあります。こうした株は仕手株の疑いがあるといえます。仕手株は、会社業績に関係なく、違う目的で大量の株式が買い集められたり、逆に大量に売り浴びせられたりしてきました。
仕手株には巨額の投資ファンドなどが介在していて、うわさになる前段階から準備を進めています。
通常の株式市場では、配当利回りや将来の業績期待などから、買われたりしますが、仕手株の目的は、経営権の取得や市場の株式を買い集めることで品薄状態を演出して、高値に誘導することで、巨額の利益を得たりしています。
過去日経平均から、大陽日酸やコニカミノルタが仕手株になったことがうかがえますが、大陽日酸やコニカミノルタの株式が業績に連動しない値動きをしたことから、そういわれています。
大陽日酸やコニカミノルタでは、安定株主対策も行っていますが、例えばコニカミノルタでは合併に伴う経営権主導争いなども要因ではないかといわれています。
アベノミクス効果もあり、最近の株式市場では株価が高値を示しています。
本来の株式市場では、会社業績がよくなる見通しであれば、株価も上昇し、逆に赤字決算であれば配当も見込めないことから値を下げるのが常識でしたが、仕手株見通しなどから、必ずしも業績に見合った株価でないものも多数あり、株式投資が難しくなっているともいえます。
仕手株かどうかは、すぐに判断するのは難しく、過去日経平均などから、あの株は仕手株だったと懸賞することが出来るのです。