ファイヤーアイや三井金属の仕手株について

株式市場の株価を形成する要素は、企業業績に連動していくものです。このため、業績が上向いている会社や新技術や新商品を開発した会社を探し出して投資をすることがセオリーです。
よく、株式に関係する書籍で紹介されている企業は、こうした業績から判断して、将来性が期待できる会社を推奨しているのです。しかし、巨大な資金を持った集団を仕手筋ともいいますが、こうした仕手筋が狙った株式が仕手株なのです。
仕手株になりやすい条件としては、発行株式数量が少なくて、株価も低位なものが狙われやすいのです。
これは、トヨタ自動車や関西電力などのような大企業の株式では、利益を上げるのに時間も資金もいるので、割が合わない感があるのですが、仕手株であれば、株価上昇にも時間がかからないのです。どうして時間がかからないかは、もともとの発行株式数量が少ないため、少しの株式を買い集めていくことで、市場では品薄状態となり、また、品薄状態となった時には、一般投資家も株価上昇銘柄として、更にかい求めるようになるのです。
更なる品薄状態となり、株価も高騰していきます。この株式が高騰し、株価が天井を迎える前に、仕手筋はその天井となる前に売り抜けるのです。こうして、仕手筋は巨額な利益を手にするのですが、天井を迎えた株式はその後、業績に見合った株価へ戻っていくのです。
ファイヤーアイや三井金属なども、株価が上がる要素がなく、今後も展望が望めない業績であるにも関わらず、株価が高騰するようであれば、仕手株化かインサイダー情報に基づく取引であるといえます。
どちらにしても、こうした仕手株で利益を出し続けることは不可能であるといえます。
できることなら手を出さない方がいいのではないでしょうか。